幼児からのオススメ習い事

HOME

親も一緒にやることで伸びる子供の学習環境

幼少期というのは、発育においてとても大事な時期です。
それは体の成長だけでなく心も大きく育っていく、人生においても最も貴重な時間

幼少期に得た経験というのは、大人になっても大きな影響を与えていくのです。

友達との関り、遊び、生活を通して、子供はさまざまなことを学んでいきます。

最近では知育玩具が増えたことにより、家庭で遊びながら学習できる環境ができてきています。
そして、幼稚園に入る年齢になると、外部での習い事といったちょっと本格的な環境へと入っていくことも増えていきます。

この幼少期の知育遊びや習い事は、小学校以降の義務教育とはまた異なります。
最大の違いは、親も一緒に参加するということです。
習い事でも親が見学できる事は多く、子供と一緒に学習することができるだけでなく、どこが弱いのか目で見てサポートすることができるのです。

親と一緒に習える環境というのは、子供にとってもプラスになります。
子供というのは、基本的に大好きなパパやママの為に頑張るところがあります。
一緒にやることで一体感が生まれ、さらに学習意欲もわくのです。

小学校以降では、自然と自分ひとりでやるのが基本となりますから、親がサポートできる事は少なくなります。幼少期に習い事をがんばっていた子は、学習への入り方もスムーズな傾向にあるといえるでしょう。

とはいえ、子供の世話をしながら家事をしているお母さんにとって習い事は大変です。
送り迎え、そのサポートとなかなか手が回らないことも出てきてしまいます。
そこをどううまく折り合いをつけながらやっていくのか…そういった大変さはあります。

でも、苦労した分あとあと大切な思い出と、そしてなにかしらの成果につながっていく…そういえるのが幼少期の知育活動なのです。

MENU
HOME
幼児にオススメな英会話
脳を育てる知育教育
知育玩具が買えるショップ
こどもチャレンジについて
公文式について
おすすめサイト
赤ちゃん用ウォーターサーバー